2018-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

aQuA -アクア- / Chapter 4 - part 1


Chapter 4




 1



「ところで、ルーンさんは『運命の者』が見つかったらどこへ行こうと思っていたんですか?」
「やだ。ちょっとやめてよね。ルーンさんなんて気持ち悪い」

気持ち悪い。その言葉にアクアは少しショックを受けた。

「あたしのことは、ルーンでいいわよ。クリスもね」
「ルーン……ですか」
「そう。それでいいの。あとその口調、どうにかならないの?あたしそういう堅苦しい言葉遣いは苦手なのよね。さっきの質問、もう一回くだけた言い方で言ってみなさいよ」

そうは言っても、アクアは王女。
ルーンのように慣れた口で話したことなど一度もない。
そんなアクアにいきなり口調を変えろと言われても、なかなか難しい話だった。

アクアが「えっと、その……」とおろおろしているところへ、クリスが助け船を出した。

「まあまあ。マリンはいろいろと厳しい環境で育ってきたみたいだし、すぐには無理だよ。マリン、少しずつでいいからね」
「ご、ごめんなさい」
「謝ることはないよ。それより、ルーンは僕たちの用が済んだら、どこへ行くつもりなんだ?」

「あ、そうそう」とルーンは腰に付けたポーチから地図を取り出し、二人に赤いバツ印を付けた場所を指差して見せた。
彼女が持っていたのは、ここアストルリア大陸の地図だった。
大陸のほぼ中央にあるハイルランバーの都と書かれた場所の少し西、通称『迷いの森』と呼ばれている森の中にバツ印は付けられていた。

「どうして迷いの森と呼ばれているので……ごめんなさい、呼ばれている……の?」

「ですか」と言いかけたところでルーンがぎろっと睨んできたので、アクアは慌てて言い直した。

「それは、ここは樹海と呼べるほどそんなに広い森じゃないんだけど、なぜか開けた道を歩いていても道が分からなくなって迷子になりやすいらしいの。方位を確かめようとしてもコンパスが正常に動かないことが多くて、森を抜けるまで何日もかかってしまうっていう話よ」
「それは不思議な森だな」
「でしょ?この地図は宿屋が襲われたあとに占い師がくれたもので、運命の者とここへ行けって言われたのよね。何があるのかは教えてくれなかったんだけど、きっとすごいお宝が隠されているにちがいないわ。早くここへ行きたいから、用はさっさと済ませてよね!」

あまりにもの自己中心的な発言に、アクアもクリスも言葉が出ず、茫然とルーンを見つめることしかできなかった。
ルーンはというと、二人が自分の態度に呆れていることなど知る由もなく、「ぼーっとしてないでさっさと行くわよ!」と、二人の腕を強引に引っ張り街道を進んで行った。

それからしばらく進み、海から潮の香りがまったくなくなったころ。
辺りに穏やかな平原が広がっている中、三人はこじんまりとした一軒家がぽつんと建っているのを発見した。
誰かが住んでいるようで、庭には手入れの行き届いた畑や井戸まである。
ただ、今は誰もいないのか、家はしんとして風景に溶け込んでいた。

「あんなところに家が……どうしてこんな何もない所に住んでいるのでしょうか」
「知らないわよ。ほらほら、立ち止まっているヒマはないわ。さっさとザリへ行くんでしょ」

ルーンに急かされ、一行はその場を立ち去りザリへ向かった。
アクアは辺ぴな場所に建つ一軒家が気になり、何度も立ち止まって後ろを振り返ったが、以前として家の主が現れる様子もなかったので再び歩き出した。



目次へ戻る



スポンサーサイト

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://squarescrap.blog.fc2.com/tb.php/9-3b396305
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

Profile

Jis

Author:Jis
趣味は音楽、映画鑑賞や読書、漫画など。
気ままに小説を書いたりしてます。
時間があればどうぶつの森、モンハンもプレイ中。
忙しくてなかなか趣味に没頭できないんですが、
のんびり更新していきたいと思います。

Latest:2016.02.19 小説『aQuA -アクア-』のChapter 8 をアップしました!

このブログについて↓
Beginning

日常ブログ、どうぶつの森プレイ日記はアメブロです↓
SquAre ScraP(アメブロ)
↑↑日常日記やとび森プレイ日記は随時更新中!

Stay

Latest

Menu

Archive

Link

このブログをリンクに追加する

Search

Ranking

FC2Blog Ranking

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。