FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

aQuA -アクア- / Chapter 1 - part 1


Chapter 1



 1



薄暗い雪の森の中を、一人の少女があてもなく彷徨っていた。
後ろを振り返ると、街が赤く燃え上がっているのが見える。
森の中を駆け抜けながら、少女は父親の最期の言葉を思い出していた。

『よいかアクア……この、代々我が国に伝わってきた宝玉を守れ……決して、これを悪しき者の手に渡してはならん……お前がしっかりと守ってくれ……』

お父様はそうおっしゃられて息を引き取られた。
この宝玉が一体何なのかは教えて下さらなかったけれど、とにかくお父様のおっしゃられたとおり、これをしっかりと守らなければ。

極寒の地、ノースアイランドを統治するウィンタリィル国が突然の襲撃により壊滅し、アクアは命からがら逃げてきた。
王女である自分が国から逃げることに引け目を感じたが、もう後戻りすることなどできない。
託された宝玉を胸に、アクアはひたすら走り続けた。

体に刺すような寒さが襲ってくる。
この雪の森は昼間こそ凍えるが、夜ともなれば更に気温は下がる。
それだけでもじゅうぶん危険だが、夜は凶暴なスノーベアや、お腹をすかせたフェンリルウルフたちが獲物を求めて徘徊している。
そんな中をあてもなく彷徨うことがどれほど危険なことなのかはよく分かっていた。
しかし、夜が明ける前に何としてもここを抜けなければならない。

お父様の死を無駄にはできない。
この森を抜ければ雪の町フリージュがある。
まずはそこへ……。

突然後ろから風を斬る音が聞こえてきた。
何の音かと振り返る間もなく、アクアの髪の毛をかすめて、矢がすぐ側の木に突き刺さった。
どうやら追っ手が来たらしい。

なぜ自分が森へ逃げ込んでいるとすぐばれたのかは分からないが、矢を放ってくるあたり、宝玉を持っていることも分かっているのだろう。
相手は馬に乗っているみたいですぐに追いつかれてしまうのは目に見えているが、それでも諦めるわけにはいかない。

アクアは飛んでくる矢をなんとかかわしつつ木の間を縫って走り続けたが、案の定すぐに追いつかれてしまった。
追っ手は馬から降り、じりじりとアクアに近づいていった。
全身をマントで身を包み、フードと仮面で顔を隠している。
体格からして、どうやら男のようだ。

「逃げても無駄です。おとなしく宝玉を渡してもらいましょうか。そうすれば貴女様の命は助けて差し上げましょう。もし嫌だと言うのなら、アクア王女には死んでいただくしかありません」

アクアは男の言葉に全く動じない……というより、動じないふりをしていた。
本当は膝が震えて立っているのもやっとだったが、決してそれを相手に悟られてはいけない。

「王女様は命が惜しくないのですか?宝玉を渡さなければ死ぬことになるのですよ?」男の放った矢が勢い良く飛ぶ。
それでもアクアは動じない。

男は次第に苛立ち始め、声を張り上げて言った。

「さっさとそれをよこせ!どうせお前が持っていても何の意味も持たないんだ!さあ早く!」

「これはお父様から預かった大切な物。お父様はこれを悪しき者に渡すなとおっしゃいました。誰があなたのような人に渡すものですか!」アクアはそう言うと、呪文を唱え始めた。

「ファイアボール!」

アクアの指先から炎の球が男めがけて飛び出した。
男はすんでのところでファイアボールをかわす。
ファイアボールはそのまま男の後ろにあった木にぶつかり、激しい音を立てて辺りを煙に包んだ。

「くそっ、どこだ!」

男は必死に周囲を見回したが、あたりは煙が立ち込めてよく見えない。
アクアは何とか追っ手から逃れ、また走り続けた。

だが、気のせいか進むにつれてどんどん暗闇の中へ誘い込まれているような感覚に陥る。
自分が今どこを走っているのかもまったく分からない。

「きゃっ!」突然足元が滑る。
アクアは小さな崖の下でしりもちをついてしまい、しばらく言葉も出なかった。

――いけない、こんなところで止まっている場合ではないわ。
そう思って立ち上がろうとした瞬間、右足に激痛が走った。

「痛っ……」

滑り落ちた時にどこかに当たって切れてしまったらしく、ふくらはぎが血の赤で滲んでいた。
深く切れていたわけではないが、痛みでなかなか立ち上がることができない。

ああ、私はこのままここで死んでしまうのかしら。
どこからか獣の匂いがしてくる。
きっと私が死ぬのを待ってるんだわ。
そして、そのあと私の肉や内臓を喰らうにちがいない。

アクアは木々の隙間からのぞいている空を見上げた。
絶望に満ちたアクアの心とは裏腹に、月は曇りなく大地を照らし、星は輝いている。
ふいに涙が零れ落ちた。

思えばあっという間の出来事だった。
突然の襲撃に多くの民が命を落とし、お父様も殺され国は落ちてしまった。
私は宝玉を守るため国を逃れ、こうして森の中を走り続けてきた。
でも、私ももうこれで終わり。
足に怪我を負ってしまってうまく立ち上がることができないし、この寒さで全身の感覚がもうほとんどない。

お父様ごめんなさい。
約束は守れそうにありません。
せめて、このままあの世へ宝玉を持っていければいいのに。
……ああ、なんだか意識が朦朧としてきた……本当にもうダメみたい……お父……さ……ま……。



目次へ戻る



スポンサーサイト

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://squarescrap.blog.fc2.com/tb.php/4-38c1a029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

Profile

Jis

Author:Jis
趣味は音楽、映画鑑賞や読書、漫画など。
気ままに小説を書いたりしてます。
時間があればどうぶつの森、モンハンもプレイ中。
忙しくてなかなか趣味に没頭できないんですが、
のんびり更新していきたいと思います。

Latest:2016.02.19 小説『aQuA -アクア-』のChapter 8 をアップしました!

このブログについて↓
Beginning

日常ブログ、どうぶつの森プレイ日記はアメブロです↓
SquAre ScraP(アメブロ)
↑↑日常日記やとび森プレイ日記は随時更新中!

Stay

Latest

Menu

Archive

Link

このブログをリンクに追加する

Search

Ranking

FC2Blog Ranking

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。