FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

aQuA -アクア- / Chapter 5 - part 2


Chapter 5




 2



「ふん、怖気づいたのカ?そうダ。我らハ誇り高き魔族。その辺をうろついている頭の悪い下等な魔物などではナイ」
「そんな……だってあんたたちは……この世界にいるはずないのに……」
「ルーン、どういうことなのですか?」
「やつらは大昔に、魔界という恐ろしい世界に隔離されたのよ。ある出来事がきっかけでね。それから今まで、一度だって出現報告は出てなかったはずなのに……」

ロバートは、その通りダ、と不気味な笑みを浮かべて言葉を続けた。

「かつて我ラ誇り高き魔族ハ、選ばれし種としテ、永い年月この地上を支配してイタ。お前タチ人間の先祖モ、我らハ奴隷や食料としてキタ……」

しかし、一部の生き延びた人間たちは、知恵と力を付けてきていた。
対抗してくる者たちも現れ、その度に人間狩りをして制圧しようとしたが、人間はそんなことで諦める弱い生き物ではなかった。

「何百年か経った頃ダ。我々ハ人間との全面戦争に敗レ、次元の監獄と呼ばレル"魔界"へ封じ込められてしまっタ」

この世と魔界を繋ぐ、獄門(イビルゲート)も永遠に閉ざされ、世界は平和に包まれた――はずだった。

「ある日一匹の人間ガ、ありがたいことに獄門(イビルゲート)を開いてくれたのダ。そして再び我らハこの世界へ舞い戻って来ることガできタ」

「それは一体誰なの!?」ルーンが手に雷を構えながら問いかけた。

「それハお前たちガ気にすることではナイ。なぜナラ、お前たちハここで死ぬのだカラ!」

ロバートは大きく息を吸い込んだかと思うと、口から青緑のブレスを吐き出した。

「毒のブレスだ!吸わないようにみんな避けろ!」とっさに毒ブレスを見分けたクリスが叫び、アクアの体を抱いて脇に避けた。
ルーンも素早く当たらない方向へ避ける。

ブレスの当たった植物を見ると、みるみる黒く変色して溶解し、たちまち腐臭を放ち始めた。
たしかに当たれば確実に死ぬだろう。

「な、何なのよあれ!あんなの反則じゃない!」
「一体どうすればいいのでしょうか……」

相手は毒ブレスを吐き出すため、迂闊には近寄れない。
となると、アクアとルーンの魔法が頼りになってくるのだが、敵の数は多い。
呪文を唱えるにも集中力がいる。

ルーンは今まで場数を踏んできているのだろう、さっきもほんの隙をかいくぐって呪文を唱えていた。
クリスも敵の動きを瞬時に読み取りながら、素早く動いてダメージを与えている。

それに比べて、自分はなんて無力なんだろう。
隙なんて見つけようと思えばいくらでも見つけられたのに、恐怖が思考を占拠して、考えることなんてできなかった。

――結局、私は足手まといでしかない……そもそも、私が二人に関わらなければ、こんな目に遭わずに済んだはず。


――私サエ、居ナケレバ……――


「……マリンてば!しっかりして!」

気がつくと、ルーンが肩を揺さぶっていた。
アクアは我に返り、「ごめんなさい……」と謝った。

「ぼさっとしないで。さっきも言ったでしょ!」再びルーンは呪文を素早く唱え始め、敵にファイアボールをかましていく。
いつのまにか、敵の数は半分ほどに減っていた。

「それに、今は謝っている暇なんてないわよ。いくらクリスが頼りになるからって、いつも守ってくれるとは限らないんだから」

「いつも守って……」ルーンの言葉が、アクアの胸に突き刺さる。

城にいた頃、どこを歩いていても兵士たちの目があった。
自分が危険に晒されないよう、常に警備されていた。
時にそんな生活が嫌になり、町の中を友達と楽しそうに駆け回る国の子どもたちを見ては、その自由さに憧れたことさえあった。

それが今、結局は同じように誰かに守られている。
命がけで宝玉を守り抜いた父のように、自分もまた、命がけで守らなければならないというのに。

「マリン!危ない!」クリスが叫び声をあげた。

魔物が一匹、アクアに向かって襲い掛かる。
しかし、あと数センチ近づくとやられる、というところで、火の玉が爆発を起こして魔物を飲み込んでいった。

爆発が収まると、爆風の中からアクアが出てきた。
その顔はさっきまでとは違い、何か決意に満ちた表情をしている。

――このままでは、きっと私は守り抜くことはできない……もっと強くならなくては。

アクアは自分の心にそう堅く決意した。
そして拳を握り締め、敵の群れへと足を踏みしめて行った。






to be continued...



目次へ戻る



スポンサーサイト

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://squarescrap.blog.fc2.com/tb.php/21-a97bff3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

Profile

Jis

Author:Jis
趣味は音楽、映画鑑賞や読書、漫画など。
気ままに小説を書いたりしてます。
時間があればどうぶつの森、モンハンもプレイ中。
忙しくてなかなか趣味に没頭できないんですが、
のんびり更新していきたいと思います。

Latest:2016.02.19 小説『aQuA -アクア-』のChapter 8 をアップしました!

このブログについて↓
Beginning

日常ブログ、どうぶつの森プレイ日記はアメブロです↓
SquAre ScraP(アメブロ)
↑↑日常日記やとび森プレイ日記は随時更新中!

Stay

Latest

Menu

Archive

Link

このブログをリンクに追加する

Search

Ranking

FC2Blog Ranking

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。