2018-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

aQuA -アクア- / Chapter 2 - part 3


Chapter 2




 3



町は壊滅状態だった。
二人が泊まっていた宿屋も破壊され、かつての面影もなくなっていた。

宿屋のおかみは無事に逃げることができたのだろうかと、しばらく二人で捜して町中を回ったが、残念ながら見つけることはできなかった。
もしかすると、瓦礫の下敷きになってしまったのかもしれない。

「おかみさん、死んでしまったかもしれないな……」
「そうですね……もしそうなら……」

もしそうなら、せめてあの世で愛する人と再会できていますようにと、アクアはクリスに聞こえないようにつぶやいた。

「もし、そこの若いの」

突然横から声をかけられ、アクアは思わず飛び上がりそうになった。
声のするほうを見ると、瓦礫の上に老人が座ってくつろいでいる。
身なりからして占い師のようだ。

「おぬしら怪我はなかったかのう?いやはや、大変な騒ぎだったわい」

町は大惨事だったというのに、その占い師はまるで他人事のようにのんびりとしている。
とりあえずクリスが愛想だけで「はぁ、まぁ……」と一言。

すると占い師は、急に顔が険しくなった。
実際はフードで顔が半分ほど隠れてよく見えないが、声を押し殺して何やら言い始めた。「そこの青年…何か特別な力を内に秘めておるな?そっちのおなごは、本当の自分に気づいておらんようじゃの」

「本当の自分?」
「さよう。もう一人の自分に出逢う時、本当の自分が映し出されるであろう。それを解く鍵は、光り輝く珠(たま)にある」
「光り輝く珠、ですか……」
「まずは船に乗り、東の地へ渡ってザリという町へ行きなされ。そこで重要な人物に出逢うであろう」
「でも、夜の海には氷がはっていて船は出せないんじゃ……」

「それなら心配ない。先ほどのレッドドラゴンが吐き出した炎で溶けておるわ。やつの炎は凄まじいからのぅ。とにかく、船に乗ることじゃ。わしは失礼する。こんな町にもう用はないからの」占い師はどこからか杖を取り出すと、瓦礫の山を登り、夜の闇に溶け込むように消えてしまった。

残された二人は占い師に言われるまま、支度をして港に向かった。
占い師の言うとおり、海の氷は溶けていて、船員たちが荷物を次々と船に持ち込んで出港の準備をしていた。

二人はお金を払い船に乗り込んだ。
アクアは船室に荷物をおろして甲板へ出てみる。
微かに残っている煙の臭いが風に運ばれ、アクアの鼻腔を突いてきた。

ザリには何が待っているのだろう。
お父様が私に託したこの宝玉と何か関係があるのだろうか。

アクアは遠ざかっていく国を見つめながら、宝玉を握りしめてつぶやいた。「この宝玉は必ず守り通してみせます。だから、どうか天国から私を見守っていて下さい……」

「マリン」クリスが船室から出てきて、アクアに肩掛けをかけた。

「あんまり外にいすぎると冷えるよ」
「ありがとうございます」

「なんだかいろんなことがあったね」と、クリスはアクアと同じように東の彼方を見つめる。

アクアはクリスにずっと思っていたことを言おうとしたが、予想通りの返答が返ってくることを思うと、なかなか言い出すことができない。
しばらく沈黙が続く。

「どうかした?」

クリスがアクアの様子に気付き、顔を覗き込む。
アクアは意を決して、クリスに問いかけた。「クリス、本当に私と旅を共にしても良いのですか?私、怖いんです。これから先、どんな試練が待ち構えているのか、まったく想像できなくて……それに、クリスのことをあんな危険な目に遭わせてしまいました。またあのようなことが起こるかもしれない。今回は助かったけど、次もまた助かるとは限らないし……だから港に着いたら、別れたほうがいいかと思うんです」

「大丈夫さ」クリスは優しくて澄んだ青い瞳をアクアに向けて言った。「さっきの大惨事を切り抜けたんだ。きっとどんなことでも乗り越えていける。旅に危険は付きものだろ?それに、不安なのは僕も同じだよ。僕だって自分のことが怖い。いつまたよく分からない力を使うかもしれないのに、そばにマリンがいなかったら、誰が僕を正気に戻してくれるんだい?だから僕の旅には、君が必要だってことだよ」

「クリス……ありがとうございます」
「おいおい、そんなに礼儀正しくしてくれなくてもいいんだよ。僕たちはもう、仲間なんだから」

「そうですね……あっ」アクアはおかしくて自然と笑いが込み上げてきた。
いつも常に王女という立場がついてまわり、本当に友達や仲間と呼べる人はいなかった。
だが、クリスは自分を仲間だと言ってくれる。
たとえそれは、本当は王女だということを知らないからだとしても。

二人はしばらく言葉を交わしたあと、また静かに東の彼方を見つめた。
暗がりだった海に少しずつ光が差し込んでいく。
長かった夜が、ようやく明ける。






to be continued...



目次へ戻る


スポンサーサイト

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://squarescrap.blog.fc2.com/tb.php/17-ea831209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

Profile

Jis

Author:Jis
趣味は音楽、映画鑑賞や読書、漫画など。
気ままに小説を書いたりしてます。
時間があればどうぶつの森、モンハンもプレイ中。
忙しくてなかなか趣味に没頭できないんですが、
のんびり更新していきたいと思います。

Latest:2016.02.19 小説『aQuA -アクア-』のChapter 8 をアップしました!

このブログについて↓
Beginning

日常ブログ、どうぶつの森プレイ日記はアメブロです↓
SquAre ScraP(アメブロ)
↑↑日常日記やとび森プレイ日記は随時更新中!

Stay

Latest

Menu

Archive

Link

このブログをリンクに追加する

Search

Ranking

FC2Blog Ranking

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。