FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

aQuA -アクア- / Chapter 2 - part 2


Chapter 2




 2



その夜、アクアは何かが燃えている音で目を覚ました。
暖炉の火の音だろうか。だが、それにしては大きすぎる。

「マリン!早く起きて!」

突然そばで声が聞こえ、アクアはびっくりして飛び起きた。「どうしたのですか!?」

「魔物が突然町を襲ってきたんだ!あと、盗賊が……とにかく早く!」
「わ、わかりました」

「歩けるか?」とクリスがアクアの体を優しく支え、ベッドから下ろした。

右足をゆっくりと動かしてみる。
するとそんなに痛みはなく、歩いても大丈夫そうだった。「ええ、大丈夫みたい」

「じゃあ早くここから出よう!」

クリスに連れられるまま急いで外に出ると、国が襲われた時のように町中が赤く燃え上がっていた。
焼け落ちた民家には、無残にも逃げ遅れた町の人がぐったりと横たわっている。

「なんて酷い……。クリス、魔物はどこに!?」

アクアが周囲を見回しながらたずねると、クリスはアクアの後ろを指差した。
その指先が差す方向を辿って振り返ると、そこには大きな柱のようなものがあった。
しかし、それは大きなレッドドラゴンの足で、炎を吐きながらゆっくりと動いていた。

「なんて大きなドラゴン……」
「普通のドラゴンの倍はあるぞ。きっと誰かが召喚したのかもしれない」

「早く、町の人たちを安全な場所へ誘導しないと!」とは言ったものの、この町はスノーアイランドの最南端。
近い町でもかなり歩かなければならない。
それに今は夜。
雪の森に避難させるのはかえって危険だし、一体どうすればいいのだろう。

あれこれ考えている間にも、被害は広がるばかり。
アクアはどうしたらいいのか分からなくなっている。
クリスはレッドドラゴンの炎をかわしながらも、襲ってくる盗賊たちと戦っていた。

「でやぁ!」

剣と剣のぶつかり合う音が響き渡る。
炎を避けつつ敵とうまく戦うクリスの剣の腕は、なかなかのものだった。

「クリス!後ろ!」アクアが悲鳴をあげる。
クリスが後ろを振り返る間もないうちに、盗賊の投げつけた手榴弾が爆発した。

「クリス――!!」

辺り一面が爆風に包まれる。
アクアはその場に崩れ落ち、立ち上る煙柱をぼーっと見つめていた。

短かった。
森の中で怪我をして倒れていたところを助けられ、一緒に旅をしようとまで言ってくれたのに。
やっぱりすぐにこの町を出て行けば良かった。
そうすれば町が襲われることはなかったし、クリスも死ななかった……。

ところが、しばらくして煙の中に人影がゆらりと浮かび上がり、どういうわけか中からクリスが無傷で出てきた。

「クリス……あなたどうして……」

アクアが急いで駆け寄る。
しかしクリスの目を見て、アクアは触れようとしたその手を止めてしまった。
彼の目はあの澄んだ青い瞳ではなく、殺気に満ちた赤い血のような瞳になっていた。

クリスは呆然としたアクアに気付く様子もなく、剣を手に持ったまま敵に近づいていった。

「くそ!妙な術を使いやがって!」

盗賊の一人がクリスに立ち向かっていった。
そしてダガーで斬りつけようとしたが、クリスは造作もなく身を翻し、後ろの瓦礫の上に着地した。

「く、くそ!こいつ!」再び盗賊はクリスへ立ち向かった。

するとクリスは顔の前に剣を構え、静かに目を閉じた。

「なんだあ?こんなときにオネンネか?けっ、笑わせるな!」と、盗賊たちはクリスを指差して笑った。

しかし彼らの嘲笑に動じることもなく、クリスはゆっくり目を開けると、静かだが、重々しく言い放った。「奥義……かまいたちの舞!」

クリスが剣を振ると、ぶわっと風が巻き起こり、辺り一面を覆い隠した。

その後は何が起こっているのか、アクアは風圧で見ることはできなかった。
かろうじて見えたのは、盗賊たちが悲鳴をあげて次々と倒れていく光景だった。
そしてついに、レッドドラゴンさえも大きな音をたてて倒れた。

しばらくして、ようやく視界が開けてきた。
ほとんどの盗賊たちは息絶え、なんとか生き残った盗賊も瀕死状態で動ける状態ではない。
レッドドラゴンは完全に倒すことはやはりできなかったものの、相当ダメージを受けたようで、足を引きずりながら逃げようともがいていた。

「すごい……すごいわ、クリス」

アクアが呼びかけるとクリスは振り向いたが、その心はどこか遠くへ行ってしまったようだった。

「クリス?大丈夫ですか?クリス……クリス!」

「……あ……あれ?マリン?」と、クリスは肩を揺さぶられようやく我に返った。
そしてまわりの異様な光景に気づき、目をしばたかせたままきょろきょろと見回した。「これは……一体どうしたんだ?」

「どうしたって、あなたが見事な剣技で倒したのですよ?」
「僕が?こんなに大勢の敵や、こんなに大きいドラゴンまで?」

クリスが信じられない、という顔でアクアを見た。
どうやら敵を倒した時の記憶がないらしい。

「覚えてないのですか?」
「全然。敵の不意打ちをくらったところまでは覚えてるんだけど……」

どうやらクリスには何か隠された力があるらしい。
今回はたまたまその力が発揮されたのかどうかは分からないが、とにかく無事でなによりだ。

「まあ、無理に思い出そうとしなくてもいいのですが……」

「よく分からないけど、そうだな」クリスが後ろ頭をかく。「あっ、見ろ!」

クリスが差す指の先、敵が倒れていたあたりに暗闇の空間が少しずつ広がっていた。
その空間に盗賊やレッドドラゴンが飲み込まれていく。

「今度は何ですか!?」
「また新しい敵か!?」

二人は一歩後ろに後ずさって構えたが、暗闇の空間は敵をすべて飲み込むと、また徐々に小さくなっていった。
そして一緒に暗闇に吸い込まれたのか、いつのまにか火災はおさまっており、再び町は夜の静寂に包まれいった。



目次へ戻る



スポンサーサイト

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://squarescrap.blog.fc2.com/tb.php/16-0fd7b0c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

Profile

Jis

Author:Jis
趣味は音楽、映画鑑賞や読書、漫画など。
気ままに小説を書いたりしてます。
時間があればどうぶつの森、モンハンもプレイ中。
忙しくてなかなか趣味に没頭できないんですが、
のんびり更新していきたいと思います。

Latest:2016.02.19 小説『aQuA -アクア-』のChapter 8 をアップしました!

このブログについて↓
Beginning

日常ブログ、どうぶつの森プレイ日記はアメブロです↓
SquAre ScraP(アメブロ)
↑↑日常日記やとび森プレイ日記は随時更新中!

Stay

Latest

Menu

Archive

Link

このブログをリンクに追加する

Search

Ranking

FC2Blog Ranking

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。